クリオネ調剤薬局

薬剤師の育成

ROOKIES新人薬剤師研修について

入社してすぐは誰しも緊張してしまうものです。
クリオネ薬局では、新入社員に安心して仕事を身に付けてもらうために、
入社後は「社会人研修」「基礎研修」「OJT研修」を行い、心構えなどの基礎を習得します。
医療人として、社会人としてのスタートのために、配属された薬局にて
医療保険の仕組みや接客、調剤・監査、服薬指導、薬局業務全般等の基礎を習得します。


社会人研修まずは、社会人の基礎から。

入社してすぐに行われる研修です。

新入社員が参加し、内・外部講師による、学生から社会人への意識の切り替えを行います。
具体的には接遇、言葉遣い、身だしなみから始まり、「社会人になるということはどういうことか」というテーマで、
ディスカッションやゲーム形式で自己啓発を行います。

これにより、患者さま、お客さまたちにどういう考えをもって接するべきかをはっきりと認識させます。

新人薬剤師の育成

薬剤師研修
基礎研修そして、薬剤師としての基礎も。

社会人研修を経た後、薬剤師は3ヶ月間の新人薬剤師研修を受けます。

薬剤師は、患者さまのニーズ・社会的ニーズに、専門知識をもって対応していくことが求められます。
この研修では患者さまに接する際に何が必要なのかという考え方とともに、技術的な学習も深めていきます。

クリオネグループに入社した新人は、この基礎研修を通して、多くの同期薬剤師との親交も深める事ができます。


実地・OJT研修いざ、現場へ。実践で鍛える。

札幌で基礎研修を行った後、店舗において4週間のOJT・実地研修を実施。

各薬局の管理者等がインストラクターとなり、患者さまへの接客・話法等を中心に、薬局の機能や地域での薬剤師の役割などを実践的に学びます。
また、市内数ヵ所の店舗でも実務研修を併せて実施し、出来るだけ多くの診療科の処方箋調剤・監査・投薬・薬歴記載等を実地研修します。

薬剤師実地研修

新人薬剤師フォローアップ研修
新人薬剤師フォローアップ研修年2回のフォローアップ

新人薬剤師のフォローアップとして調剤・監査・服薬指導・薬歴記載等の技術レベルのアップとモチベーションの向上を目指します。

PHARMACIST薬剤師研修

年2回、全社員対象の薬剤師研修薬剤師として必要となる最新知識の習得

クリオネ調剤薬局では年間2回、全薬剤師を対象とした社内研修会を開催しています。

地域包括ケアの中での薬剤師の立ち位置を明確にし、薬剤師職能を充分に発揮するためには多くの経験を積まなければ判らないことが沢山あり、能力や意欲とは別に積み上げた経験が必要となるからです。
とくに患者さまへのメンタルケアや服薬指導においては、薬剤師本人の人生経験や様々な事例の経験が生かされます。

そこで当社では2回の薬剤師研修会において、成長の確認、目標達成への確認、最新のテクニカル的な情報を社員に提供しています。

・2016年度第1回薬剤師研修会を開催しました。  詳細レポートはこちら

クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子 クリオネ薬局薬剤師研修の様子

CHIEF管理者研修・会議

クリオネ薬局管理者会議
年4回の管理者研修マネジメント能力、スタッフ育成のためのコミュニケーション技術の向上。

マネジメント能力、スタッフ育成のためのコミュニケーション技術の向上の為、問題点を追求し、解決へと向ける管理者研修及び会議を開催しています。

CLERK医療事務研修

年1回の医療事務研修接客技術と知識向上

医療事務として必要な接遇・接客や医療保険の知識向上の為、外部講師を招聘して研修会を開催しています。
・2015年度は「手書きPOPの書き方」の研修会を開催しました。
 詳細レポートはこちら

・2016年度は「ストレスフルな社会に優しい癒しを」の研修会を開催しました。
 詳細レポートはこちら

クリオネ薬局管理者会議 クリオネ薬局医療事務研修 クリオネ薬局医療事務研修

OTHERその他

薬局勉強会
定期的に行われるスキルアップのための勉強会。薬局単位で行い、外部の協力を得たりテーマを決めて行っています。
学会発表
日頃の成果について演題を決め、日本薬剤師会学術大会・日本社会薬学会・北海道薬学大会などで発表しています。
資格取得、実習の受け入れ
認定薬剤師
自己研鑽の指標となる、(財)日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師の取得をサポートしています。
各種資格取得
公認スポーツファーマシスト、福祉用具専門相談員、登録販売者の有資格者がおり、各種資格取得をバックアップしています。
実習の受け入れ
認定実務実習指導薬剤師の取得者を増やし、薬学生の実務実習の受け入れを積極的に行っております。

トップへ戻る