クリオネ調剤薬局

お薬の一包化

ABOUT ONE DOSE PACKAGEお薬一包化とは

処方されたお薬をまとめて1袋に飲み間違いや錠剤の紛失がなくなります。

お薬の一包化(いっぽうか)とは、お薬を飲む時間が朝・昼・夕など同じ場合や、一度に何種類もの錠剤を飲む場合、服用する時間ごとにお薬をまとめて1包にすること。

これにより、「薬の種類が多くて、服用するときにわかりづらい…」「手が不自由で、くすりを何種類も出すのが難しい」などの悩みがある方にとっては、飲み間違いやお薬をなくしてしまったりなどがなくなり、大変便利です。一包化には、病院でお薬を処方した医師の指示が必要です。また、薬剤師が患者からの服薬状況確認し、一包化の必要性が認められた時、処方医へ確認(疑義照会)をして一包化をすることも出来ます。

ただし、医師の指示がなくても薬局のサービスとして有償での一包化調剤も可能です。
まずは一度、気軽にご相談ください。

MERIT&DEMERITメリットとデメリット

お薬の一包化には、いくつかのデメリットも伴います。
一包化のメリットを認識し、毎日のお薬との生活にお役立てください。

一包化のメリット
用法・用量を間違うことなく服薬できる。
介助を行っている作業者の負担が減る。
PTP包装シートの誤飲事故防止。
一包化のデメリット
「一包化加算」という料金が加算されます。
調剤に時間がかかります。
自分で薬の量の調整ができない。
薬の名前がわかりにくい。

トップへ戻る